鍵の交換をして空き巣が怖がる家にしておこう

錠前の交換で安心を

男の人

ピッキングに対抗する商品

空き巣の犯罪手口の一例として挙げられるのが、ピッキングです。鍵の中には、最近のピッキング技術に弱いタイプが見られます。こういったタイプの鍵は、犯罪者が持参した道具などで簡単にピッキングが出来てしまいます。今では、ピッキングに対抗出来るような鍵が発売されていますので、錠前そのものを交換するのが一つの解決法です。ピッキングに強い鍵は、概して犯罪者の行為を妨げるような作りです。ミニドライバーや安全ピンなどが使えない仕様となっており、ピッキングの最初のステップで犯罪者が挫折するような工夫が凝らされます。器具を引っかける場所がなく、おいそれと手を出せない構造となっているのが特徴です。一般的なピッキング技術では、開けられない鍵が現在では販売されます。

スペアキーは最小限に

新しい鍵を取り付けると、多くの方はスペアキーを作ってもらいます。スペアキーは、紛失や閉じ込めなどの際に便利な鍵です。ですが、余り沢山スペアキーを作ってしまうと管理が難しくなります。紛失しやすくなり、却って不安が大きくなる場合があります。ですので、スペアキーは最小限の数だけ揃えるのが賢明です。家の鍵は、出来るだけ他人の目にさらさないのがベストです。知人や友人と相対する場合にも、必要のない時には鍵をしかるべき場所に仕舞っておきます。ほんの少しの注意が、心配事を減らしてくれます。昨今は鍵の種類が増えていますので、さり気なく防犯効果を高められるような逸品も見つかります。防犯のプロがお勧めする商品なら、概して安全です。